最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

武蔵野夫人(新潮文庫)

  • 62 読みたい
  • 62 現在読んでいるもの

発行元 南雲吉則 .

    Download 武蔵野夫人(新潮文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 武蔵野夫人(新潮文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 武蔵野夫人(新潮文庫) 無料で, 本の無料読書 武蔵野夫人(新潮文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 武蔵野夫人(新潮文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  大岡昇平
    • レーベル:  新潮文庫
    • 発売日:  2014年04月04日
    • 出版社:  新潮社
    • 商品番号:  4340008015081
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    貞淑で、古風で、武蔵野の精のようなやさしい魂を持った人妻道子と、ビルマから復員してきた従弟の勉との間に芽生えた悲劇的な愛。ーー欅や樫の樹の多い静かなたたずまいの武蔵野を舞台に、姦通・虚栄・欲望などをめぐる錯綜した心理模様を描く。スタンダールやラディゲなどに学んだフランス心理小説の手法を、日本の文学風土のなかで試みた、著者の初期代表作のひとつである。

あなたも好きかもしれません

武蔵野夫人(新潮文庫) (新潮文庫) by 南雲吉則 ダウンロード PDF EPUB F2

『曾根崎心中』が1703年に大ヒットしたとき、ほぼ同時に近松は歌舞伎の心中もの『からさき八景屏風』を書いていた。ちょっと後の『鳥辺山心中』も「死なない」男が逃げる滑稽シーンで終わるし、その実話も『鸚鵡籠中記』に死ななかった心中として記されていたりする。そういった猥雑で純粋でない作品に囲まれて『曾根崎心中』はあった。そう思うと、ベストセラーだのヒット作だのは、とても興味深い。「恋愛の平行四辺形」が新鮮だったこの作は、いわば『曾根崎心中』がつくった〈下地〉において目立っていたのでは。とても興味深く読んだ。